外壁リフォームでお家長持ち

外壁リフォームの前に

外壁リフォームの前に

外壁リフォームの前に 一戸建てのマイホームの所有者が、定期的におこなったほうがよいメンテナンスの中に、外壁リフォームがあるのはご存知でしょうか。
外壁リフォームをする場合には、外壁の素材や劣化の度合いによって、メンテナンスの内容が変わってきますから、事前に調べてみることも重要でしょう。
外壁のメンテナンスとしては、今までのものに塗装を施す工事が一般的であり、費用の点でも経済的だといえるでしょう。
しかし、専門家が見て外壁の劣化が激しいと判断し、塗装を施しても塗膜の定着が危ぶまれるような場合には、第2の選択肢として、現在ある外壁を残したまま、上から別の外壁材で覆ってしまう工事があります。
これは塗装工事よりは費用が掛かりますが、第3の選択肢である既存の外壁を剥がして、新しいものと張り替える工事に比べると、解体や処分の費用が掛かりません。
このように、外壁リフォームには3つの選択肢がありますから、専門家の意見も聞きながら選んではいかがでしょうか。

外壁リフォームの役割

外壁リフォームの役割 外壁リフォームの役割として、最初にあげられるのは、住宅の表情を変えること、つまり、外観をよくすることでしょう。
外壁リフォームすれば、一目瞭然に、誰の目から見ても、美しく生まれ変わるはずです。
次にいえるのは、外壁の耐久性を高めるという役割です。
外壁リフォームにシリカなどの微粒子を配合したタイルは、親水性に優れています。
静電気の発生を抑制し、空気中に舞う、汚れの原因物質の吸着も抑制します。
よって、外壁の劣化を防ぎ、耐久性が高まるのです。
また、外壁リフォームには、遮熱材や断熱材が使用されるので、冷暖房費を節約することができます。
遮熱材や断熱材は、結露を防ぐことにもなるので、壁の腐食も防ぐことができます。
長期的なメンテナンスにかかる費用を節約することができ、長期的に考えれば、経済的ということがいえます。
旅客機で使用されている素材と、同様の素材が使用された断熱材もあり、防音効果も高くなります。
そのほか、外壁の強度が高まり、耐震性や耐風性、耐水性や耐火性などの性能が高くなるということがいえるでしょう。