外壁リフォームでお家長持ち

外壁リフォームの目安期間

外壁リフォームの目安期間

外壁リフォームの目安期間 外壁リフォームは紫外線や太陽の熱などにより劣化が生じ、そこに雨が降り注ぐことで耐久性は低下する事になります。
一般的に外壁リフォームは10年毎に行うのが良いと言われていますが、外壁の劣化は住宅の在る環境により異なるため、劣化が生じた場合には早めに行うのがお勧めです。
尚、外壁リフォームと言うのは、外壁の周りに足場や養生シートを設置、高圧洗浄による外壁のクリーニング、外壁の劣化などのメンテナンスを行い、窓ガラスなどにビニールシートを貼ってマスクキング処理を施し、下塗り1回、中塗り1回、上塗り1回もしくは2回と言った塗装を行い、最後に養生やマスキングを外し、足場の解体を行う事で工事が完了になります。
目安期間としては2週間前後と言われていますが、工程の中で雨が降っている時には出来ない部分も在り、雨が多い季節などの場合は目安期間よりも長くなることも在りますし、乾燥する時期などの場合は逆に目安期間よりも早く外壁リフォームが完了になる事も在ります。

外壁に生じるトラブルとその原因・対策

外壁に生じるトラブルとその原因・対策 家の外側である外壁にはひび割れや汚れなど、さまざまなトラブルが生じる場合があります。
直接風雨にさらされる屋根や外壁は住空間を守る上でとても大切なもので、ダメージを放置すると、柱や梁などの家を支える内部の構造にも影響してきます。
外壁にひび割れが生じる原因は、外壁の種類によってさまざまです。
モルタル外壁は、モルタルの乾燥不足や、セメントや砂、骨材、樹脂の配合のバランスが悪いとひび割れが生じる可能性があります。
サイディング外壁は目地にシールを注入しますが、このシールが時間が経つとゴム状に固まっていき、その部分に直接紫外線が当たることで劣化することが、ひび割れの原因とされています。
外壁のひび割れを放置すると、そこから雨水が室内へ入りこむ場合があり、腐食が進むと大がかりな修繕が必要になるので注意が必要です。
それからツヤがなく、柔らかい壁面では、空気中のほこりやチリがつきやすく、外壁の汚れの原因になってしまいます。
油分を持ったほこりやチリ、外壁の塗料の凹凸により、雨だれが滞留して汚れる場合もあります。
外壁のダメージを大きくしないために、定期的なメンテナンスの実施、場合によっては外壁リフォームが必要になってきます。
外壁リフォームを業者に依頼する時は、工事後のアフターケアをきちんと実施しているところや、料金や施工方法などを詳しく説明してくれる業者を選ぶことが大切だと思います。