外壁リフォームでお家長持ち

外壁リフォームにかかる費用相場

外壁リフォームにかかる費用相場

外壁リフォームにかかる費用相場 外壁リフォームの費用相場は、一戸建ての延床面積で予測できます。
建売分譲タイプの一戸建てであれば、外壁リフォームは50万円を基準にすると良いでしょう。
格安料金が50万円で施工されますが、その場合は足場を組み立てなかったり、古い塗膜の処理が曖昧であったり工事内容に省略が含まれやすいです。
古い塗膜を除去して正式に外壁リフォームする場合は、100万円が基準になります。
注文住宅の一戸建ての場合は、100万円から150万円が費用相場です。
建売分譲住宅は、延床面積が100平方メートル前後なのに対して、注文住宅の場合は延床面積が100平方メートル以上で120平方メートル前後も多くなります。
注文住宅は延床面積に含まれない中二階構造や地階が施工される場合もありますので、外壁面積が広くなる傾向があります。
外壁リフォームの費用相場は、格安料金から、やや高めの値段設定まで種類が多岐にわたりますが、100万円を上下するのがポイントになります。

外壁リフォームを業者に依頼する際のポイント

外壁リフォームを業者に依頼する際のポイント 外壁リフォームを依頼するときは、必ず古い塗膜の処理について確認しておきましょう。
古い塗膜は完全に除去してから出ないと、新しい塗装は耐久性を確保できないからです。
新しい塗料を塗装しても、外壁材の表面ではなく、古い塗膜の表面に塗装されてしまっていると、古い塗膜と一緒に剥がれてしまいます。
保証期間よりも早くに剥がれてしまう可能性が高まります。
外壁リフォームを業者に依頼するときに、まずは見積もりを行ってもらいますので、古い塗膜の処置方法について確認しましょう。
見積書では塗膜除去もしくは高圧洗浄と記載されています。
高圧洗浄は、汚れを洗い落とすだけの場合もあります。
高圧洗浄料金が安いと感じたら、汚れを落とすだけの可能性があります。
塗膜除去費用が記載されていない場合は、必ず確認をしましょう。
外壁リフォームは、古い塗膜を完全に除去して、外壁材に新しく塗装するからこそ、耐久性が発揮されます。
塗膜の断熱効果も、古い塗膜を除去していないと弱まりますので注意しましょう。